【特定技能】ビルクリーニング業の技能試験|最新の日程と問題の内容

ビルクリーニングの技能試験

この記事では、ビルクリーニング業の技能試験である「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」について分かり易く解説していきます。
ビルクリーニング技能評価試験の内容や、試験日程などを掲載していますので、お役立てください。

スポンサーリンク

特定技能(ビルクリーニング業)の要件

特定技能1号の在留資格を取得するには、外国人本人が①技能試験②日本語試験に合格する必要があります。

①技能試験
ビルクリーニング分野の技能試験のことを「ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験」といいます。

②日本語試験
日本語試験は、どちらかの試験に合格する必要があります。
日本語試験の詳細を解説
(1)国際交流基金日本語基礎テスト
(2)日本語能力試験(N4以上)

※技能実習2号を良好に修了した外国人の方は、技能試験と日本語試験が免除されます。

特定技能ビザの申請方法

特定技能ビザの申請は、地方出入国在留管理局に申請します。

【申請できる人】

  • 外国人本人
  • 受入れ機関の職員
  • 登録支援機関の職員
  • 弁護士
  • 行政書士

試験を実施する主体|ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験

ビルクリーニング業の技能試験は、「公益社団法人全国ビルメンテナンス協会 」という団体が実施します。

試験内容|ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験

ビルクリーニング技能評価試験の内容は、以下の技術があるかを確認する試験です。

多数の利用者が利用する建築物(住宅を除く。)の内部を対象に、場所、部位、建材、汚れ等の違いに対し、作業手順に基づき、自らの判断により、方法、洗剤及び用具を適切に選択して清掃作業を遂行できるレベルであることを認定するものであり、この試験の合格者は、ビルクリーニング分野において、一定の専門性・技能を用いて即戦力として稼働するために必要な知識や経験を有するものと認める。

試験の言語は日本語で行われ、試験は実技試験で実施されます。

受験資格|ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験

受験資格

基本的に17 歳以上であれば受験できます。

受験できない人

以下の方は受験ができません。

国内で試験を実施する場合、①退学・除籍処分となった留学生、②失踪した技能実習生、③在留資格「特定活動(難民認定申請)」により在留する者、④在留資格「技能実習」による実習中の者については、その在留資格の性格上、当該試験の受験資格を認めない。

試験の日程|ビルクリーニング分野特定技能1号評価試験

国内試験

開催地試験日程
北海道2019年11月19日・20日
宮城2019年11月25日・26日
東京2019年11月16日・17日・27日
愛知2019年11月18日・19日
大阪2019年11月26日・27日・28日
広島2019年11月29日・30日
徳島2019年12月2日
福岡2019年11月26日・27日

国外試験

開催国開催時期
ミャンマー2019年12月7日・8日

実施回数

国内外でそれぞれ年おおむね1回から2回程度実施予定となっています。

業種別の試験日程と問題内容

業種別の特定技能試験の日程と解説記事のリンクです。

介護「介護」の試験日程と内容
宿泊業「宿泊業」の試験日程と内容
外食業「外食業」の試験日程と内容
飲食料品製造業「飲食料品製造業」の試験日程と内容
建設業「建設業」の試験日程と内容
ビルクリーニング「ビルクリーニング」の試験日程と内容
自動車整備業「自動車整備業」の試験日程と内容
農業「農業」の試験日程と内容
製造業3分野「製造3分野」の試験日程と内容

特定技能ビザの必要書類と提出先【都道府県別】

特定技能ビザの申請に必要な書類と、都道府県別の申請先情報です。

北海道・東北
群馬県
山梨県
和歌山県
高知県
北海道
埼玉県
岐阜県
中国地方
九州・沖縄
青森県
千葉県
静岡県
鳥取県
福岡県
岩手県
東京都
愛知県
岡山県
佐賀県
秋田県
神奈川県
三重県
島根県
大分県
山形県
中部地方
近畿地方
広島県
熊本県
宮城県
新潟県
滋賀県
山口県
長崎県
福島県
長野県
京都府
四国地方
宮崎県
関東地方
富山県
大阪府
香川県
鹿児島県
茨城県
石川県
兵庫県
徳島県
沖縄県
栃木県
福井県
奈良県
愛媛県
タイトルとURLをコピーしました