永住権申請の理由書

日本で永住権を取得する際に必要となる理由書の書き方について解説しています。永住権取得の為の条件や取得までの期間、申請に必要な書類の一覧については下記の記事で解説していますので参考にしてください。

スポンサーリンク

永住許可の理由書について

就労系などの在留資格申請では理由書は必ず必要というわけではありません。しかし、永住許可申請では理由書の提出が必須です。(永住許可の申請者が、日本人や永住者の配偶者等の場合は除く)

永住許可申請の理由書では、「永住許可を必要とする理由」について書きます。要は自分はなぜ日本に永住したいのかを入管に分かってもらうような内容を書くということです。また永住許可の理由書は、日本語で書くか母国語で書いて日本語の翻訳を付けるかのどちらかで作成する必要があります。

スポンサーリンク

永住許可の理由書に書く内容と順番

永住許可申請の理由書に書く内容と順番は以下の通りです。※その後、各項目について詳しく解説します。

理由書に書く内容と順番
  • ①日本に来た時から今までの経緯を説明
  • ②日本へ貢献していることをアピール
  • ③永住したい理由を説明☜理由書では1番重要
  • ④経済的に安定していることをアピール

日本に来た時から今までの経緯を説明

自己紹介的な部分で、来日した時期・来日後の学歴や職歴など、現在までの経緯を書きます。

具体的には以下のように書いてください。

私は2008年7月に来日し、〇〇アカデミーにて日本語を勉強した後に〇〇大学に入学し2014年3月に卒業しました。卒業後は〇〇株式会社に入社し、現在も引き続き同社において勤務しております。

日本へ貢献していることをアピール

原則、10年間継続して日本に住んでおり、日本での納税義務の履行・社会保険料の納付などを通した社会への貢献を含ませた文章を書きます。

具体的には以下のように書いてください。

これまで一所懸命に働き会社や日本の社会にも貢献していると自負しており、今後も引き続き同社に勤務して頑張っていきたいと思っております。2008年7月に来日して10年が過ぎ日本での生活も安定しております。長年にわたって日本で生活することにより日本人の友人や知人も多くなり日本の習慣及び礼儀作法や物の見方、考え方などが知らず知らずに身に付き日本の社会にも馴染んでおります。

永住したい理由を説明

永住許可の理由書では、この「永住したい理由(永住許可が必要な理由)」が1番重要で、必ず書かなければいけません。

具体的には以下のように書いてください。

精神的にも感情的にも日本の住民としての意識になり、日本の住民となるのは一つの誇りであり光栄であると思うようになりました。

私にとって長年住み慣れた日本で引き続き生活することしか考えられません。今後も引き続き生涯にわたって日本で生活するつもりです。

永住を希望する理由は上記の他にもたくさんありますが、基本的には私と家族の将来のためであり、私達にとって長年住み慣れた日本で引き続き生活することしか考えられません。日本で精神的にも安定した生活を過ごしたい思いからです。

経済的に安定していることをアピール

資産や給料などから見て、経済的に安定した生活を継続して行えることをアピールします。

具体的には以下のように書いてください。

日本での生活費に関しては私が約430万円、妻が約240万円、合わせて約670万円の年収がありますので十分に経済的にも安定して生活していくことが可能です。

スポンサーリンク

【料金表】在留資格(ビザ)の理由書作成サービス

当事務所では、理由書の作成だけのご依頼も可能です。

理由書作成(全国一律)30,000円(税別)

※理由書以外は自分で作れる方に人気のサービスです。


ご依頼の際は、電話かメールでお問い合わせください。

電話で問い合わせ➡06-6467-4535
メールで問い合わせ➡メールフォームはこちら
この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
在留資格(ビザ)の理由書
スポンサーリンク
下曽小川(しもそこがわ)

【外国人のビザ専門の行政書士】

当サイトと行政書士試験の対策サイトを運営中。
ツイッターとフェイスブックでも最新情報を発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\フォローする/
\フォローする/
行政書士法人外国人ビザサポートセンター
タイトルとURLをコピーしました