建設の特定技能「鉄筋継手」の業務内容詳細

ここでは、特定技能で外国人を雇用できる建設業の「鉄筋継手」に注目して、業務内容の詳細や、想定される関連業務・使用する主な機械などを解説します。

スポンサーリンク

「鉄筋継手」の業務の定義

指導者の指示・監督を受けながら鉄筋の溶接継手、圧接継手の作業に従事

スポンサーリンク

「鉄筋継手」の主な業務内容

①鉄筋端面加工作業
②鉄筋支持器、溶接治具等の鉄筋取付け
③圧接器等の取付け・脱着
④鉄筋の継手

スポンサーリンク

想定される関連業務

①鉄筋継手外観検査補助
②圧接機器の保守点検
③鉄筋配筋補助
④施工現場の資機材等小運搬
⑤各種揚重運搬機械の補助
⑥玉掛け
⑦その他、鉄筋継手業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

使用する主な素材・材料

丸鋼鉄筋、異形棒鋼鉄筋、燃料(酸素・アセチレン・天然ガス・水素エチレン等)、研削砥石、チップソー、溶接用ソリッドワイヤー、シールド用ガス(炭酸ガス等) 、裏当て材

使用する主な機械・設備・工具等

鉄筋冷間直角切断機(又はグラインダー)、ボルト締付け工具、圧接器、加熱器、加圧装置、外観測定用器具、グラインダー、鉄筋支持器、防風フード、溶接治具、溶接機、ワイヤー送給装置、溶接トーチ、ガスレギュレーター、ルート間隔測定ゲージ

まとめ

特定技能で雇用できる建設業の業務区分は11種類あります。ここでは「鉄筋継手」に注目して解説してきました。
特定技能の中でも建設業は制度が複雑です。正しい制度理解に本記事をお役立ていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【特定技能】
スポンサーリンク
下曽小川(しもそこがわ)

【外国人のビザ専門の行政書士】

当サイトと行政書士試験の対策サイトを運営中。
ツイッターとフェイスブックでも最新情報を発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\フォローする/
\フォローする/
行政書士法人外国人ビザサポートセンター
タイトルとURLをコピーしました