建設の特定技能「コンクリート圧送」の業務内容詳細

コンクリート圧送の業務内容詳細

ここでは、特定技能で外国人を雇用できる建設業の「コンクリート圧送」に注目して、業務内容の詳細や、想定される関連業務・使用する主な機械などを解説します。

スポンサーリンク

「コンクリート圧送」の業務の定義

指導者の指示・監督を受けながら、コンクリート等をコンクリートポンプを用いて構造物の所定の型枠内等に圧送・配分する作業に従事

スポンサーリンク

「コンクリート圧送」の主な業務内容

①コンクリート圧送工事の段取り
②輸送管の配管
(輸送管の判別・選定、輸送管閉塞時の対処を含む)
③コンクリートポンプおよび関連装置の操作
(コンクリートポンプ故障時の修復箇所の判断およびその処置を含む)
④筒先作業
⑤圧送装置および輸送管の洗浄

スポンサーリンク

想定される関連業務

①コンクリートポンプ等の保守管理
②コンクリートポンプ車の運転
③その他、コンクリート圧送業務の実施に必要となる安全衛生作業(点検、整理整頓、清掃等)

使用する主な素材・材料

①先送り材(水・セメントペースト・モルタル・圧送用先行剤など)
②生コンクリート(レディーミクストコンクリートおよびその他の生コンクリート)
③残コンクリート処理剤・改良剤

使用する主な機械・設備・工具等

①機械、設備等
コンクリートポンプ(定置式・トレーラ式) 、コンクリートポンプ車、コンクリートディストリビュータ、輸送管(直管、ベント管、テーパ管、変更管、分岐管、分配管等) 、ジョイント、ドッキングホース、先端ホース、ストップバルブ、輸送管洗浄用スポンジ・クリーナ類、配管支持機材および緩衝材、落下防止装置(安全ワイヤなど) 、コンプレッサ、水ポンプ、油圧シャッターバルブの油圧発生装置、発電機
②器工具等
各種手工具類、各種保護具(保護帽、保護メガネ、墜落制止用器具(安全帯)、手袋、長靴(安全靴)など)

まとめ

特定技能で雇用できる建設業の業務区分は11種類あります。ここでは「コンクリート圧送」に注目して解説してきました。
特定技能の中でも建設業は制度が複雑です。正しい制度理解に本記事をお役立ていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
【特定技能】
スポンサーリンク
下曽小川(しもそこがわ)

【外国人のビザ専門の行政書士】

当サイトと行政書士試験の対策サイトを運営中。
ツイッターとフェイスブックでも最新情報を発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

\フォローする/
\フォローする/
行政書士法人外国人ビザサポートセンター
タイトルとURLをコピーしました