高度人材(高度専門職)の理由書

「高度専門職」の在留資格申請の際に添付する理由書の書き方について解説しています。「高度専門職」の理由書に書くべき内容には以下のようなものがあります。※各項目について、順番に説明するような内容になるよう意識しながら作成してください。

※この記事では「高度専門職1号ロ」の在留資格について解説しています。

「高度専門職」の理由書に書くべき内容
  • 「高度専門職」の在留資格該当性について書く。
  • 「高度専門職」の基準適合性について書く。
  • 安定性・継続性について書く。
  • 雇用の経緯や必要性について書く。

各項目について順番に詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

「高度専門職」の在留資格該当性について書く

外国人の方が「これから行う活動」と、「在留資格に定められている活動」が一致している事をアピールします。

「高度専門職」の在留資格該当性(活動内容)

・以下のいずれにも該当すること

①法務省令で定める基準に適合する者が行う「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に規定された活動(国際業務に当たる翻訳や通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する活動は含まない

②日本の学術研究又は経済の発展に寄与することが見込まれるもの

※「高度専門職1号ロ」の在留資格該当性です。

以下のような文章を書いてください。

申請人は、2007年3月に北九州市立大学(専攻:国際環境工学)を卒業、さらに早稲田大学にて修士課程(専攻:情報生産システム工学)を卒業して修士号を授与されております。

卒業後の2009年4月から2012年6月までは〇〇株式会社に勤務、2012年7月から現在までは中国の〇〇株式会社にてエンジニアとして勤務しております。今般は同社を退社して弊社に入社することが決定いたしました。

スポンサーリンク

「高度専門職」の基準適合性について書く

外国人の方が、申請する在留資格に定められている基準に適合している事をアピールします。

「高度専門職」の基準適合性

①法務省令に定められた基準に照らした合計点数が「70点以上」であり、かつ、年収が300万円以上であること

②「技術・人文知識・国際業務」の在留資格に規定された活動に該当し、かつ、「技術・人文知識・国際業務」の基準に適合すること(国際業務に当たる翻訳や通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発その他これらに類似する活動は含まない

③日本で行う活動が、日本の産業及び国民生活に与える影響等の観点から相当でないと認める場合でないこと

※「高度専門職1号ロ」の基準適合性です。

以下のような文章を書いてください。

申請人は本年5月に来日後は弊社にて主に下記の職務を担当いたします。

① 光ディスクストレージ商品セールスエンジニア(顧客提案、プロジェクト管理 )

尚、申請人の学歴、職務経験、年収を考慮すれば「高度専門職ロ」の在留資格に該当すると存じ上げます。何卒、早急に在留資格認定証明書を御交付いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

スポンサーリンク

安定性・継続性について書く

外国人の方が、これから日本で安定して活動できる事をアピールします。また、安定した活動に継続性がある事もアピールします。

以下のような文章を書いてください。

現在の弊社の資本金は〇〇万円、前期の売上高は〇〇万円、従業員数も〇〇名に達しており、順調に事業を拡大しております。

雇用の経緯や必要性について書く

外国人の方を雇用する経緯や、雇用する必要性をアピールします。

以下のような文章を書いてください。

近年、弊社はグローバルレベルでの競争力強化に向け、海外生産・販売拠点設立を進めており、今後もグローバルな事業展開をさらに促進するために優秀な外国人社員を採用・活用する必要にせまられております。

【料金表】在留資格(ビザ)の理由書作成サービス

当事務所では、理由書の作成だけのご依頼も可能です。

理由書作成(全国一律)30,000円(税別)

※理由書以外は自分で作れる方に人気のサービスです。


ご依頼の際は、電話かメールでお問い合わせください。

電話で問い合わせ➡06-6467-4535
メールで問い合わせ➡メールフォームはこちら
在留資格(ビザ)の理由書
スポンサーリンク
ビザサポートセンター

在留資格(ビザ)手続き専門の行政書士事務所です。当サイトと行政書士試験の対策サイトを運営しています。

ビザサポートセンターをフォローする
この記事をお届けした
当サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
ビザサポートセンターをフォローする
行政書士法人外国人ビザサポートセンター
タイトルとURLをコピーしました